Site menu:

包茎治療を考える

カテゴリー

サイトマップ

包茎治療がついに終わりました

わたしが自分で包茎に悩み始めたのは中学生も卒業する頃でした。
その頃は多感な時期ですので下半身の悩みなどを友達に相談などできませんでした。
修学旅行の時にもしかしたら包茎なのは自分だけなのではないかと気になり、みんなでお風呂に入るのが苦痛でした。
その後も仲間たちと温泉や銭湯に行くのは若干の抵抗がありました。
高校時代になりますと彼女もできるようになりましたが、その時にも包茎であることがどうしても気になっておりました。
彼女は包茎など気にしないといっていたのですが、それは私に対する優しさだったのかもしれません。
しかし、高校を卒業して自分でアルバイトをするようになり、そのお金を利用して包茎治療をしてみようと思いました。
これが私にとって大きな転機となりました。
治療をするにあたって最初の不安点は費用でした、私の場合は健康保険の対象外でしたので金額的にかなり大きくなるのではないかと思っていたのですが、アルバイトのお金で全く問題なく支払える金額でした。
これは私にとっては嬉しい誤算でした。
そして手術をすると思っていたよりも痛くなかったのです、これもまた予想外でした。
案ずるよりも産むがやすしという言葉がありますが包茎治療に関しましてはまさにその通りであるといえます。
包茎治療が終わり、今では下半身に悩みがなくなりました。
ただそれだけなのですが積極的に友達や女性にも話しかけられるようになり明るい性格に変わることができました。
その点からも手術をしたことは私にとっては正解でした。

a-2-3
コメントa-2-3