Site menu:

包茎治療を考える

カテゴリー

サイトマップ

痛みを少なく綺麗に仕上げてもらう

健康保険の対象となる治療については、確かに安かですみますし良いかもしれません。
真性包茎ですとか、カントン包茎であることによって、
生活に支障が出てしまっているから、とりあえずは治療をしたいんだ。
と急ぎ治療を行いたいこともあるでしょう。
その際には利用をすると良いと思います。

しかし、後々傷跡が残ってしまったりですとか、もしくは痛みをともなったりですとか、
さらには形が良くなるということではないので、その点を考えてから治療を行ってほしいです。

形が悪いことが気になってとか、傷跡が残るのは抵抗があるということであれば、
形成外科にお願いをするという方法もあります。

仮性包茎だけではなく、真性包茎やカントン包茎であっても、
形成外科に治療をお願いすることが出来るようになっています。
その場合は自由診療となりますので、健康保険の対象外となります。

では形成外科ではどのような治療を行ってくれるんでしょうか?
まず、傷跡が残らなかったりですとか目立たないように、治療を行ってもらうことが出来ます。
1人1人にあわせた治療を行っているので、この人であればこのようにした方が良いな。
と、先生が考えて治療をしてくれるんです。

また痛みに関してですが、痛いというのは血管を切ってしまうことから起こります。
太い血管ほど痛みも大きくなりますね。
そのため、太い血管が通っているところは避けて切るとか。
状況に応じて治療を行ってくれます。
血管を切らざるを得ない時もあります。しかし細い血管を切るなどの対処をしてくれるので、
痛みをともなったとしても軽い痛みですむことが多いです。

なんだか包茎治療って怖いな。と思う時には形成外科を利用して、
極力痛みをおさえてもらったりですとか、綺麗に仕上げてもらうことをお願いしてみるのも良いですね。

自由診療にしろ、健康保険の対象となるにしろ、
費用を支払うということには変わりがありません。
お金を支払うという点を考えても、治療方法については考えたいですね。