Site menu:

包茎治療を考える

カテゴリー

サイトマップ

仮性包茎の場合の治療について

包茎と言っても色々と種類があるという話をしました。
そして、仮性包茎については健康保険の対象外になります。
自由診療というのは、健康保険の対象になる治療よりも高額な費用がかかってしまいます。

仮性包茎に関しては、形が悪くてみっともないとか。
形に自信を持つことが出来ない。
と、自分自身に対してコンプレックスを抱えてしまったりですとか、
人に見せることが出来ないという、深刻な悩みを抱えてしまうことになるでしょう。
女性に対して話しかける勇気を、得ることが出来ないといった悩みですね。

また相談をするにしても、家族に相談をすることが出来るでしょうか?
出来ない方がほとんどかと思います。
誰にも相談をすることが出来ずに、そしてどうすれば良いのか分からずに、
途方に暮れてしまっているということが考えられます。

そこで、まずはどういった方法で治療をしていくのか?知ってほしいと思うんです。
クリニックへ足を運ぶと説明をしましたが、
形成外科にて治療を行ってもらうという方法があります。

形成外科では、自由診療の場合も対応をしてくれるようになっているので、
病気ではないんだけれども、形に自信が持てないという場合も問題ありません。

まずは近くに形成外科があるのかどうか?探すことからはじめてみるのも良い方法だと思います。
自宅ですとか職場の近くにあれば、ちょっと足を運んでみようかな。
と考えやすいと思います。

全国各地に形成外科がありますので、まずは相談だけでも足を運んでみてはいかがでしょうか?
自分1人で悩んでいるうちは、どうすれば良いのか分かりませんし、
治療が出来ると言っても、自分は治療をしてなおすことが出来るのかどうか?
不安に感じるかと思います。

どの形成外科もいきなり治療をするのではなくて、
まずは相談をしてから、どのような流れで治療をしていくのか?
説明を受けてから実際治療をするのかどうか。
考えるというのも良いでしょう。
前向きに考えていきましょうね。