Site menu:

包茎治療を考える

カテゴリー

サイトマップ

治療方法を考えよう

包茎に関しては、真性包茎ですとかカントン包茎、そして仮性包茎があるという話をしました。
そして、真性包茎やカントン包茎に関しては、生活をするのには支障があるということから、健康保険の対象となる治療を受けることが出来ます。

形成外科にて、自由診療であっても治療を受けることが出来ます。
では、真性包茎やカントン包茎の場合はどうでしょうか?

健康保険の対象となる包茎治療の場合ですと、泌尿器科や泌尿外科にて治療を受けることが出来るようになっています。
そもそも真性包茎やカントン包茎というのは、むくことが出来ないため生活に支障をきたす。
との考えから病気ということで治療が出来るようになっています。

治療の方法ですが、背面切開法から紹介をします。
包皮に切り目を入れる手術になります。
むくことが出来るようになるため、生活をすることが出来るようになる。
との考えでおこなれています。

背面切開法ですが、とりあえずむくことが出来るようになるだけ、
仮性包茎にするという手術のことなんです。
そのため、形に関してはよくなりません。
仮性包茎にはなったが、やはり形が気になってしまって。
とか、形が悪いから自分自身に自信を持つことが出来なくて。
といった悩みを抱えてしまうことになりかねません。

次に、環状切開法について紹介をします。
ペニスのまわりに、切れ目を入れる手術のことです。
切れ目を入れることで、縫い縮めることが出来るんです。

縫い縮めることは出来ますが、その人の大きさにあわせては手術が出来ないので、
大きな傷跡が残ってしまうこともあります。
傷跡が残ってしまうことで、また人に見せることが出来ないなどの悩みを抱えてしまうことが考えられます。

そして、血管を切ってしまうこともありますので痛みを伴うんです。
痛みが治まるまではしばらくかかります。
せっかく治療をしても、後の痛みに耐えるのが大変だったという声もあるんです。

治療方法については考えなくてはいけません。